Miriam Haskell ”baroque pearl”

Share
this article


DSC_6720

“genre”の提案するスタイルに欠かせないアイテムの一つがコスチュームジュエリーです。

そのコスチュームジュエリーを宝石、貴石に劣らない装身具の分野に育てた立役者というと”Miriam Haskell”(ミリアム ハスケル)

今回はミリアムハスケルと言えば‥という代表的なアイテムをご紹介していきたいと思います。


“baroque pearl”

Miriam Haskell(ミリアム ハスケル)のバロックパールは独自の作り方があります。
天然の真珠層を作るために、魚の鱗のキラキラとした成分から抽出した塗布剤を作り、その塗料をガラスビーズに塗ります。

重ね塗りをすることで出来た柔らかなテリが特徴的です。

DSC_6693

DSC_6446

DSC_6516baroque pearl earring
sold

DSC_6371
DSC_6485
DSC_6521baroque pearl pierce
¥33,000+tax

裏面や留め具まで施された細やかなデザインに目を引きますが、それらはすべてハンドメイドで仕上げられているものです。

表面の凹凸には陰影があり、光の加減によって発色に変化が生まれるので、上品でなんとも幻想的な佇まいです。
真珠とはまた違った趣があり、いろいろなシーンで身につけることが出来ると思います。

 

2db35471fd3bb3b236a8bceec7030c060bfe661c.68.1.12.2Miriam Haskell

今回ご紹介した以外にもMiriam Haskellのジュエリーをご用意しております。

私自身初めて目にした時は、細部まで丁寧に作られたジュエリーの美しさに衝撃を受け、ただただ見とれてしまいました。

様々なデザインがあり雰囲気は一点一点異なるのですが、実際に見ていただくと、どの作品にも”Miriam Haskellらしさ”を感じることができて、魅了されてしまいますよ。

 

とても奥深く素敵な世界だと思いますので、是非見にいらしてくださいね。

 

genre  山本

 

 

商品詳細・通販をご希望の方は、下記リンクよりお問い合わせくださいませ。